レーザー脱毛の機器

レーザー脱毛を受ける際、どこのクリニックで受けるかによって、痛みの度合いも変わってきます。それは、脱毛用のレーザーの種類がさまざまだからです。その中でも大きく分けると、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーがあります。それぞれ、施術者の肌によって、使い分けると、痛みや効果も違ってきます。アレキサンドライトレーザーは、多くのクリニックが扱っている脱毛レーザーで、比較的どんな肌色の方でも施術することができ、機器が軽量で扱いやすいのですが、ダイオードレーザーよりも脱毛効果は低い傾向です。ダイオードレーザーもよく扱われている脱毛機器の一つで、日本人の黄白人種の肌質や毛質に適しているので、産毛などの脱毛しにくいもの脱毛効果が、他の機器に比べて優れています。しかし、施術するには機器が大きく重たいため、扱いにくく、技術者の腕が悪いと良いでは、効果にかなりの差が出ることがあります。しかし、適切な施術が行われれば、効果が高く、安全性もあり、とても優れた機器といえます。ヤグレーザーは、アレキサンドライトレーザーや、ダイオードレーザーよりも脱毛効果が落ちますが、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでは施術できないほど肌の色が黒い方、黒人の方でも安全に施術ができます。脱毛機器は主にこの3種類があり、その3種類の中にもさまざまメーカーのものがあるので、効果も違います。自分が希望するクリニックがどんな機器を扱っているか?を確認しましょう。