レーザー脱毛の痛みを感じやすい人

レーザー脱毛は、エステサロンなどが行うフラッシュ脱毛と違って、痛みが強い!!というイメージがありますが、フラッシュ脱毛もまったく痛みを感じないのか?といえば、多少は痛みを感じるものといわれています。よく広告で、" 痛みを感じない施術 " というようなうたい文句がありますが、それはちょっと言い過ぎかもしれません。一方のレーザー脱毛ですが、近年のレーザー脱毛施術は、痛みが軽減するような施術方法に取り組んでいることや、無料体験を積極的におこなうクリニックも多くあることから、安心して脱毛を始められます。痛みを感じる度合いは、人それぞれなので、一概には言えませんが、輪ゴムを軽くパチンと弾いたような感覚だといわれています。ほとんど苦痛を感じずに施術が終わった人もいれば、コースの途中で耐えられなくてやめてしまう人もいます。しかし、多くの人が、無事脱毛を完了させています。一体どのような場合に痛みを感じやすいのでしょうか。まず、レーザーの光はより黒いものに反応する性質を持っています。そのことから、薄い産毛のような毛よりも、太くてしっかりした毛の方がレーザーが反応しやすく、脱毛効果も高いのです。毛が濃い人や、ひげ等の毛が濃い部分にレーザーを当てることで、通常よりも痛みが増す可能性があります。そして、肌の白い人が、ムダ毛が濃い部分にレーザーを当てると、肌とムダ毛の色の差にレーザーがより反応して痛みを感じることがあるかもしれません。そのほか考えられるのは、肌が薄くて柔らかい部分に照射すると、硬い部分に照射するより肌に刺激を感じやすいかもしれません。

クーリング

レーザー脱毛は、人によっては激しい痛みを感じることがあるので、クーリングといって、照射する部位を冷却してから施術する方法を行っているので、痛みはかなり軽減されます。また、どうしても痛みに耐えられない人には、笑気ガスで痛みの感覚を鈍らせることができたり、麻酔クリームをぬって、痛みを麻痺させることもできます。痛みを我慢できない場合は、しっかりカウンセリングでその旨を相談しましょう。そして、一般的に痛みを感じやすい部位というのがあるのですが、皮膚の色素沈着がおきている部位で、さらに皮膚が薄い部分、毛が濃い部分は他の部位に比べて痛みを感じやすいそうです。全身のなかからですと、わき、VIOです。VIOは、人に見せる恥ずかしさもあり、なかなか躊躇する方もいますが、施術者はなれているので、特別な目で見ることはありませんので、機械的に行っていますので、リラックスして施術してもらいましょう。しかし、痛みを感じるということは、それだけ脱毛効果もあることを忘れてはいけません。レーザーの光は黒いメラニンに反応する性質なので、細くて薄い産毛のような毛にはあまり反応しません。もし、フェイス脱毛を考えている方は、わきなどの毛が濃い部分よりも長い期施術することが必要だと頭に入れておきましょう。しかし痛みを感じるのは、照射する時だけで、両脇の施術なら5分あれば終わってしまうので、少しの間我慢するだけで脱毛が可能です。